yamasanword blog ヤマサンワード ブログ

ヤマサンワード ブログ yamasanword blog

自己実現/幸せを探求する現代人へ。ぼくの生き様から勇気のカケラをとどけたい。やる気の出し方(自己分析、就職活動、転職活動、人生/学び全般への向き合い方)・教育・仕事術・育児・サーフィン での気づきと学びを届けます。

社内恋愛中【隠す?言う?】 「正解」と隠し方(リスク事例付き)

SEASON 4 (社内恋愛!?) エピソード02

【社内恋愛】交際開始後に注意するポイント

 

 

OFFシーンにてふたりの時間を積み重ね、

正式に交際することとなったぼくら。

 

ここでひとつ問題が残りますよね。

 

仕事、職場は同じでなので

いつも顔を合わすわけです。

 

どういうメリハリをもったら良いのか?

 

 

ぼくらと同じ様に

社内恋愛をスタートさせるも、

 

職場での関係性に悩んだことのある人って

意外と多いのではないでしょうか?

 

 

  • 周囲の仲間にはオープンにすべき?隠すべき?
  • 上司には伝えておくべき?
  • 周りにばれないようにするにはどうしたらよい?
  • オープンにしたら仕事でマイナスになることは?

 

 

こんな悩みや不安に向き合うのが

結ばれたふたりの宿命ですよね。

 

( ま、これを乗り越えるのもひとつの楽しみだったりするとかしないとか w )

 

 

※実は、

 

どんな仕事をしているにせよ、

あなたが社内恋愛を継続させたいと考える場合、

まちがいなく、

 

「周囲には隠しておこう!」

 

正解です。

 

 

 

以下にケーススタディ

そのリスク理由を挙げるので、

自身の職場に照らし合わせて

チェックしてみると良いでしょう。

 

 

 

 

同僚にバレてしまった場合のリスク

 

1.  帰社時刻が近いだけで、

 残業せず遊びにいったな、と憶測される。

 (明らかに違っていても

  ネタとしていじられることが一回でもあれば、

  今後もそういう風に見られ、本当に二人で

  遊びたい時にいっしょに帰りづらくなる。)

 

2.  どちらかに難儀な仕事をふったり、

 ダメだししたりしようとする仕事仲間が、

 交際相手側の目までも気にして

 やりづらくなり、ストレスを抱え出す。

 そのストレスを周囲の同僚に愚痴るなどされ、

 ふたりは各業務でメンバーとの風通しが

 悪化しだす。

 

3.  重要な業務連絡でも、

 相方に伝えといてね、と

 片方だけにしか共有されなくなる。

 

4.  当人らが、周囲にどう思われているのだろうか

 と気にしてしまう時間が増え、

 業務の集中力や効率が低下する。

 

 

 

 

上司にバレてしまった場合のリスク

 

1.  その業務の失敗や功績について、

 背後に恋人側の過剰な横やりもしくは

 サポートがあったのではないかとかんぐられる。

 上司がそういのに疲れて、二人まとめて、

 信頼が落ちる。

 

2.  上司が勝手に、不正や隠ぺいができてしまう

 可能性を懸念し、無意味な配置転換や

 異動を決めてくる。

 

3.  それぞれに打診していたことを、

 「ふたりまとめて」「片方のみで伝わるでしょ」、

 と省略コミュニケーションを

 とられてしまい、情報のヌケモレや、

 タイムラグに遭ってしまう。

 

4.  片方を思いっきり叱ったり、

 負荷の大きいタスクを振りたくても、

 相方を気にして、思い切った行動がとれないストレスを

 他のメンバーが察してしまい、組織の雰囲気悪化と

 二人の信頼低下に勝手につながってしまう。

 

 

 

はい。

 

 

この様にあげると、

かなり大袈裟に聞こえるかもしれませんが、

実際ぼくが、

 

 

・周囲の社内恋愛中同僚との協働シーンで

 おこっていた事例

 

・自分が上司になった時の

 恋愛中のメンバーとの対峙シーン

 

・上司やマネージャーと

 社内恋愛談議になった際に出た意見

 

・単純にぼくだったら同僚のその関係は

 知らずにすごしたいという点

 

 

から導き出したリスク例です。

ほかにもあります。

 

 

いっぽうでメリットもありますが、

その場合、逆に

徹底して交際をのものを周囲に

理解、応援してもらい、

逆にプライベートを全て周囲がしっている

くらいオープンでないと享受できないメリットでしょう。

(今記事ではあえて割愛します)

 

 

なので、基本的にはオープンにせず隠し通すつもりで

始めておいてマイナスはありません

 

べつに「悪いこと」を隠しているわけではないのです。

 

(ペットで毒サソリを飼っているいるとして、

公表しないと仕事に支障をきたすのか?

という問いにYESと答えることはないですよね。

言おうが言わぬが職場では飼い主の自由です。

それといっしょです。)

 

他の場面においても重要な考え方ですが、

 

リスクになる可能性をひそんでいるならば、そのこと自体が発生しない様な仕組みやルールを標準化しておく。

 

 

という観点のパターンだと覚えておいて下さい。

 

そもそも社内規定とか商品規約とかって、

こういう考え方で作られています。

 

その最たるものが事なかれ主義の

行政とか教育とかの現場ルールなどですが、

やりすぎはマイナスで賛否両論をまきおこすものの、

 

社内恋愛というテーマはそんなにインパクトの

大きいメリットを生み出すことはないので、

保守的に構えておいたほうがいいのは

言うまでもありませんね。

 

 

ということで、まとめると

 

「付き合うと決めた瞬間から仕事場では公表しないと決めておく」

 

というルールさえ合意できていれば、

他の悩みやリスクは生まれないので、

このボトルネック解消思考だけ徹底して

おいてください。

 

 

 続いて、

 

 

【社内恋愛中】 周囲にバレなくするポイント

 

になってくるわけですが、

 

考え方は2つです。

 

 

①. 「隠そう」というアプローチ

②. 「付き合っていない」という状況を作るアプローチ

 

 

そうなんです。

 

みな、①に走りがちかと思いますが、

バレるときって、

 

 

何かの行動や言動が

「あやしい」と誰かに思われて、

そこからバレていくわけです。

 

火のないところに煙は立たず、と思われて。

 

 

なので、

そもそも「あやしい」と思われさえしなければ

いいわけです。

 

 

つまり②のアプローチの方が

圧倒的にバレる確率は低下します。

(疑われる確率が低下するから ということ。)

 

 

 

では②のアプローチをどうするか。

 

 

簡単です。

 

 

お互いに、

 

A. 彼女/彼氏が既にいるっぽく情報操作!

 

B. どゾッコンなくらい好きな人がいて恋煩いモードだと発信し、

 かつ、具体的特徴を本物の相手と別の特徴を挙げて情報操作!

 

C. 現在追いかけている恋があって、こんな進捗なんだという情報発信!

 

 

 

このA~Cのどれかひとつでも仕込んでおくと、

ふたりの間を疑われる確率が減ります。

 

ただ、嘘をつくという行為にならないように、

グレーゾーンを情報操作するので多少テクニックが必要です。

 

それぞれ見ていきましょう。

 

 

Aの場合、

 

「誰が」その情報を流すのか

 

がポイントです。

 

 

オススメは、まぎれもない

交際相手や自分が発信源になっているのが効果的です。

 

 

休憩中か、飲み会の時なんかで、本人がいない時

(本人がいない、というシチュエーションが重要)

 

『ねぇねぇ、 ○○ちゃんさぁ、ちょっと前に

彼氏ができたっぽいんだよねぇ。

あくまでも俺の勘なんだけど。

最近キレイになった気がするから間違いないね。

俺の勘はあたるんだ。

俺実は少し気になってたんだけどなぁ。

いいなぁ。俺も恋人ほしいなぁ。

ねぇねぇ、誰いい人紹介してよ。』

 

はい。これは話を聞く相手に、

・お前の勘なんでどうでもよいわ。あてにならなそうな根拠だしくだらん。

・お前がちょっと気になってたってことは、あんまり深堀りしてもこいつが惨めだな。

と感じさせ、この会話以降、相手の脳裏に、

「○○ちゃんは彼氏もちかもしれない」

ということだけ刷りこめればクリアです。

このケースは、最後に、「お前もまぁ恋を頑張れや」

 「○○ちゃんっぽい紹介できそうな子いるかなぁ?」

 と思考、話題まで変えて終わっているので

 “○○ちゃんに彼氏ができた、できてないの話題”には

 進むことは無くより安全です。

 

 

続いて B の場合、

 

自分が絶賛片思い中で

何も手に着かないんだと

ノロけているような状況をつくるわけですが、

 

これも相手の脳裏に、

「こいつは叶わぬ恋をおっているバカ野郎だな」

という印象を刷り込めればクリアです。

 

何かのついでに、

『俺好きな子できたかもしれない。

いっつもそのこのことばかり考えちゃうの。

その子ってね、~~~~なところがあってね。

--------------の時、~~~~~なことしてくれてね。

もう、たまらんのよ~。ただ、彼氏いるらしんだけどね。

だからさ、~~~~な性格のこいたら紹介してよ』

 

とぼやいておけばいいのです。

 

--------------や~~~~~のところは、

実際の彼女/彼氏の、

 “職場の人では知らないであろう

性格や魅力やエピソード” をちょっと加工すれば、

(なおかつ、付き合う前のデートでの話とかなら、)

こちらも思いっきり嘘をついている気には

ならなくて済みますね(!?)

……いちお、グレーゾーンな設定にもなるのでセーフです。

 

 

最後に C についてです。

 

こちらも、B と同様に、

正式に付き合うと決定するまでの期間、

何回かデートなどしていれば、

それにこぎつけるまでのエピソードを、

まるで現在進行中かの様に

何かの拍子で同僚に語れば

 

「こいつはいい恋してるな」

「みのって恋人ができたらぜひ話を聞きたいな」

 

と今の片思いを応援させてしまえればクリアです。

 

こっちはかぎりなく黒に近いグレーな

発信のしかたですが、

実話なので苦しくはならないはず。。

リアルにも語れるはず。。。

 

 

以上の様に、

「情報操作」を多少仕込んで、

 

 

この二人は付き合っていない、という状況を作る

 

 

という部分に注力してみてください。

 

ことあるごとに、

バレない様に恋人と画策して

消耗するよりは、

 

序盤の一発の情報発信で、

安心な基盤をととのえてしまておこう

というアプローチです。

 

ぜひ、疑われもしない準備をトライしてみてください。

 

 

こんな感じでエピソード二つにわけて

社内恋愛の進め方や期間、成就のコツ、

更には、成就後の注意点などを

お送りしてきましたが、

 

こんなぼくらが、

結婚、出産、育児

とこの先奮闘するので、

 

その時の気付きやノウハウなどを

またどこかで

SEASON だてて紹介したいと思います。

 

次回からは、また、

ONでのシーンのハック

に戻ってお送りいたします。

 

こんな、いち個人の恋愛事例に

お付き合い頂きありがとうございました。

 

ひとつでも誰かのお悩み解決に

やくだっていたらうれしいです。

プライバシーポリシー お問い合わせ