yamasanword blog ヤマサンワード ブログ

ヤマサンワード ブログ yamasanword blog

自己実現/幸せを探求する現代人へ。ぼくの生き様から勇気のカケラをとどけたい。やる気の出し方(自己分析、就職活動、転職活動、人生/学び全般への向き合い方)・教育・仕事術・育児・サーフィン での気づきと学びを届けます。

真冬の湘南サーフィン【ウェットスーツほか 快適な冬のアイテム】を鵠沼パパサーファーがコスパ最適化してご紹介

こんにちはサラリーマンパパサーファーのヤマサンです。

 

冬のサーフィンシーズン到来ですね。

f:id:yamasanword:20201215015716j:plain

ワクワク!

 

  • 今年こそ新しい5㎜セミドライを新調したいけどお金がない。。
  • 5㎜は動きづらいんだけど寒いのも嫌なんだよ…
  • 湘南で入るだけなら3㎜ジャーフルで何とかならないかな!?
  • 冬のサーフィンデビューを湘南でしたいけど、どんな装備がベストなの??

 

今日はこんなお悩みを解決していきます!

 

ぼく自身、鵠沼在住で

会社勤め&3人の子育てのかたわら、

サーフィンと日常生活の両立を

コスパ高くやってきたつもりです。

その極意をお伝えします!

(サーフィンそのももの極意は高2からやってますが教えられることはありません笑 ただただ波乗り好きな一般サーファーです)

 

結論から申し上げると

 

3㎜ジャーフルとちょっとの工夫で

湘南のみなら真冬も快適に

サーフィンライフできちゃいます!

 

この記事でわかること

3mmジャーフルでイケちゃう工夫を順番にあげていきますね。

まず前提から。

 

 

湘南の真冬のウェット事情

湘南は、温暖な海水温と晴天率のもと、やや人混みも減り 『寒くてもがんばろうという意欲』はたもちやすい環境です。

 

そして、3㎜ジャーフルといっても

近年の素材進化と製法技術の発展で

寒さ・冷たさはかなり軽減される時代になっています。

 

ぼくは10年前のジャーフルでも

真冬のウェットローテッションとして

活躍させることができています。

超最近のジャーフルなんて

調子が良すぎて感動レベルです。

 

  • 動きやすい
  • 温かい
  • 着脱しやすい
  • 痛みにくい
  • デザイン豊富
  • 安く手に入る

 

いい時代です。サーフィンが市民権を得てきた証拠ですね!

 

スポーツ量販店などのツルシサイズオーダーしない既製品や中古のウェット)でもわりと満足できる機会が増えました。

お金も時間も無い時はこういう既製品でもひと冬なら超えられちゃう。

(たとえ運よくお金があっても「わざわざ新調しなくても今年も例の方法で冬は越せるっしょ!」と去年のまんま過ごす冬も多い面倒くさがりのぼくですがw)

 

とはいえウェットも消耗品

やぶけてボロボロになってきたらさすがに新調します。

 

良質な3mmジャージフルを買うなら 

店舗購入のメリット

ウェット買うなら

湘南の海近のウェット屋さんなら

WETSUITS LABO がオススメです。

 

厳選された素材とユーザー目線のお手頃価格。

リピーターは割引サービスしてくれます。

 

いちげんさんにも優しいです。中古のツルシもあります。

 

そしてなんともうれしいのがリペアをサクッとしてくれます。

 

f:id:yamasanword:20201215012851p:plain

自分好みにデザインもステッチもロゴの位置までも決めたウェットスーツで、せっかくなら永く愛用したいもの。

ぼくもウェットを買い換えるサイクルは大幅に減りました。

 

お住まいが内陸で、通いサーフのビジタースタイルのかたは街なかのスポーツ量販店か ムラスポのセール期間をねらって購入すれば何も問題はないです。

どこで買うかより、着てどうするかの方がサーフィンの上達の本質です。

 

実は次回の冬にむけては、初夏に今回の冬物在庫セール的な機会を狙うのが1番お得だったりと購入テクニックもあります。それでも最近はいつでも安いラインナップで良質なウェットが手に入る機会は増えています。

ぼくはムラスポでQSの旧モデルが安く既製品で出てくる時期を気にしていました。

 

 

また、店舗の良いところは試着できること!

 

長時間着っぱなしで自分の身体と命を寒さから守る買い物なので、その納得感の為に実物チェックは欠かせないと考えるのはあたりまえです。

ツルシのサンプルでもご自分の体型に近いものを探し試着し、体感温度を感じられるのが量販店などで直接購入する場合の利点です。

素材を体感確認したうえで、それがよければそのモデルをカスタムオーダーもできますしね!

 

f:id:yamasanword:20201215022737j:plain

着替えやすい服装で清潔にしてから来店し、足や腕だけを通させてもらうだけでも温かさの確認はできますのでぜひお店に行ってみてください。

 

続いて、ネットでの購入。これに関してはやや慎重に。

 

ネット購入のメリット

 

  • 肌触り
  • 伸縮性
  • 素材の防寒力への期待・予感

 

これだけは触れてみないと分からないです。

そして自分で股下や胴回りなど体の部位ごとの採寸が器用にできるかどうかもサイズマッチングには重要になってきます

でも「次回お店で買うからまずは形だけ」

というならまったく問題ないでしょう。

Amazon のレビューは参考にできますね。

サイズ表も丁寧に詳細欄にのせてくれている商品もあります。

f:id:yamasanword:20201214233818p:plain

老舗ブランドもありますしタイムセールを狙えばそれを安く買える機会もあったりします。

 

また、楽天ポイント経済圏のかたは、それを活かすのもコスパという視点では最強ですね。


 

 (ぼくはコンペとか出ない趣味サーファーです。技術はそこそこ!? あるのでサイズズレは気にせず波乗りできます。なのでネットで「一品」に出会えてかつ楽天ポイントが貯まってたら即ポチっちゃいます。実はぼくの体型は、オーダー時など採寸されるたびに店員さんに「ザ・日本人の平均っていう体型ですね」とこんなにぴったりの人はなかなかいないとまで言われ、しかも太ったり痩せたりしない体質なので、既成サイズに恵まれているのもありますがw)↑本当にいい時代になりましたね。

 

それではお待たせしました!

この3㎜ウェットに

ちょっとひと工夫すれば

1番冷たい2月3月もズバリ、快適に乗りきれます!

 

それではまいりましょう!

 

工夫 その①:インナーを着る

そうです。こういうインナーアイテムも進化した素材や技術のおかげで、薄くて温かくてモタつかないものがとっても増えてます。

 

インナーは2種類に大きくグループわけすると【起毛素材】か【吸撥水素材】となります。

 

◎【起毛素材インナー】:保温力高い。水が入ってしまった後はちょっと冷たい肌触り。価格高い。

◎【吸撥水素材インナー】:保温力は低い。撥水性重視。水が侵入しても冷たさを感じにくい。価格安い。

 

といった感じです。

 

今回はあくまでもコスパも維持しながら快適に、ということなので後者のおすすめと、後者のデメリット解決法も工夫2としてお伝えします。

 

インナーそのものは SURF8 のものが耐久性もあり永く使えて伸縮性にも優れ、パフォーマンスに悪影響しないので最高にオススメです!

 

ぼくは10年間同じインナーつかえてます。

【サーフエイト(Surf8): QUICK DRYインナーショートジョン】

 

この撥水タイプは7000円くらいで、起毛タイプで袖も長いタイプだと15000円と価格は2倍くらいになってきます。それだけ起毛タイプの保温力は高いのは間違いないです。もっと別のタイプも出してますし複数枚あるに越したことはないのですが、コスパ裏技ということでまずはこの一枚

【サーフエイト(Surf8): QUICK DRYインナーショートジョン】

¥ 7,700

そして、次が必殺技です!

 

工夫 その②:ユニクロ ヒートテックをインナーの下(中)に着る

f:id:yamasanword:20201214235450p:plain

そうなんです!

陸での最強防寒インナーが海でも活躍できるんです!

 

ポイントはさきほどのインナーのさらにその下(中)に着る、という重ね順です!

 

ぼくは古くなってクタクタになったヒートテックを海用にまわしています。エコ!?

 

規格は半袖のヒートテックでいいです。

 

この2枚重ねにより起毛インナーばりの保温力を確保でき、さらに撥水もなされ海水進入時の冷えも回避できるのです!

(実際のウェットの中はこんな感じ↓) 

f:id:yamasanword:20201214235735j:plain

(インナーもヒートテックもくたくたでみすぼらしい写真でごめんなさい。洗い替えなどローテーションの関係でこのスタイルもよくありますが、これで十分温かいです。)

 

着る時さいごにウェットに両腕を通す時に

ヒートテックの袖のグシャつきを直す煩わしさだけ我慢すればこれで相当の保温力をジャーフルで得られます。

 

これでサーフィン最中は完璧です。

 

最中は… です。

うん、海の中は完璧。

 ……

f:id:yamasanword:20200617181722j:plain


 そう。

海の外」って課題もありますよね。

 

忘れてほしくない用意が 

海への行きと帰りの道中です。

 

海辺に住んでいる場合、ヒーターの効いた車で海に出るわけではありません。

 

早朝や夕方の外気温。正月すぎると0℃とかたまにあります。

真冬は真冬。

正直、海の中の方があったかいです。

濡れた身体で風が吹き荒れてたら凍りつきます。

そう。されど真冬。

 

ぼくはチャリンコで海へ出るので

このチャリをこいでる時間がサーフィンより死闘です。

f:id:yamasanword:20201215010003p:plain

 

では移動時の工夫いってみましょう。

もちろんコスパ重視の"せこ技"です。

 

工夫 その③:ブーツとグローブとパーカー

結局手先足先が冷たくて痛いんです。

海の中は素手でも、動いていれば慣れちゃう海水温ですが、チャリはたった5分、イヤ5秒で足の指と手先はちぎれる痛さ。

そこで活躍するのがまずブーツ

もちろんサーフィン用ブーツなので履いたまんまでチャリンコ対策にもなっちゃいます(小春日和で素足でできる日に履かないという選択はありますが、基本朝夕方、曇り以下の天気では履いておきましょう。)

これもインナー同様 SURF8 は耐久性強く頑丈な造りなので一度買えば数年は長持ちします。

【サーフエイト(Surf8): SPRIT SOLE BOOTS 足指二股仕様】

¥8,800

 

 

続いて、グローブ

これもサーフグローブでも良いのですが、ぼくはサーフィン中、グローブはしっくりこなくて使いません。パドリングが重たいというかなんというか。とにかく海水温としても素手で余裕な湘南なので。

でも!!

 

チャリンコ道中は…

 

はなしが別!

 

ブレーキにぎる指が動いてくれてるのか感覚すらなくなりますからね。

命にかかわる!?レベルでチャリ道中のグローブはリーシュコードの次に大事!

 

また、チャリンコにサーフアームをつけてボードを運べる仕様ならまだしも、ボードを手に抱えてチャリをこぐスタイルの人は、板を抱える手がかじかんでいたら大惨事になりかねません。 

 

そこで!

 

この チャリンコ道中

だけの 最強 of 最強

 

海帰りもウェットの袖から

海水がしたたってきても、

ビュンビュン風をきって

チャリこいでもまったく寒くないグローブ…

 

そう!それは

 

スキーやスノボーの時のあの

スノーグローブです。

 

f:id:yamasanword:20201215001203p:plain

古いものでも誰かにゆずってもらったものでも、BOOKOFFの中古でもいいです。

 

これをチャリこぐときだけ装着すれば解決です!

 

風通さないし、水しみてこないし、むしろこのシチュエーションのためのグローブなのでは!?と錯覚するくらい重宝します。

 

そして、それでも寒さに不安なら

さっとはおれるナイロンパーカー

f:id:yamasanword:20201215002203p:plain

これを一枚もっておければ風を通さずチャリをこげるので道中は安心です。

雨の時にもフードかぶって使えるので、ぼくは雨の日や風が吹いてる日はこれも羽織ってチャリにまたがるようにしています。

 

これもサッカーやランニングや登山、アウトドアなど別の用途ですでに持っているものや、家族のものや、誰かにもらえないか。

本当にナイロンペラのフード付きジップアップなら古着でもアウトレットでも良いでしょう。

ジップアップ式だと濡れている袖を通すのに着やすいのでおススメですね。

【Lanbaosi ウインドブレーカー メンズ レディース ジャケット 超軽量 撥水 防風】

¥999~1,780(XS~2XL)

 

 

工夫 おまけ編(体内からも熱を生み出そう)

 

着るものもそうですが、

体内からも熱をいっぱい出せればもっと温かいです。

 

とにかく、燃焼!

 

何かしっかりと食べてから海へ向かいましょう。

 

いたってシンプルですが超重要です。

 

冬にサーフィンしていれば身体が教えてくれます。

 

「もう燃やすものないから身体冷えてくよ」と。

 

ここをうまく活用するのが

VAAM です!

f:id:yamasanword:20201215013820p:plain

ゼリータイプはお腹タップンタップンにならないからすぐ動ける。

小腹もみたしてくれるので最高に調子イイです。

この燃焼効果でさっき食べたものが速攻で熱エネルギー化していくのが冷たい海中だと実感できます。 

これは箱買いしておくのをこっそりおススメしておきます。

 

地元のコンビニだと冬場に波が良くなる前日にはVAAMゼリーが売り切れちゃうんですよね。みんな明日「燃やす」気だなと面白いくらいわかります。
 
どんなに真冬で寒くても
波が良ければワクワクしちゃういますもん!
サーファーならしょうがない!
 
ということで

冬の湘南サーフィンアイテムまとめ

コスパ編ということでいくと
 
  • ウェットは3mmジャーフル
  • ヒートテックとインナーを着て
  • 移動時はスノーグローブとサーフブーツを必需品とし
  • VAAM飲んでいちおパーカーはおって
  • 海へGO!
 
ということになります。
 
あとは動きまくって、波にのりまくって、誰よりも楽しんじゃってくださいね!
 
こんなセコい防寒対策に耳を傾けてくださりありがとうございました。
あなたのサーフィンライフがより充実するよう願っています。
ではまた。
 
↓アクティブ派に知っトク情報↓
 

プライバシーポリシー お問い合わせ